white wind turbines on gray sand near body of water

風力発電における「地理的平滑化効果」の評価 Wind power: Evaluation of “Geographic Smoothing Effect” 文責: 大学院生N.S.

東北と九州の電力の監視制御・データ取得システムに記録されている風力発電データを基に「地理的な平滑化効果」について定量的に評価を行った。The “geographic smoothing effect” was quantitatively evaluated based on the wind power generation data recorded in the monitoring, control and data acquisition systems of Tohoku Electric Power Co., Inc. and Kyushu Electric Power Company.

More...
red beverage filled clear glass mason mug with straw beside purple flowers in vase

博士論文Dissertation:多成分結晶系に着目した甘味成分の溶解性向上 Multi-crystal system for improving solubility of sweetness component

浦井 聡一郎(サントリーホールディングス株式会社)熱力学的な分析により低水和度の新規結晶多形を見出しました。製造現場への実装をより具現化するため、第三成分を含めた多成分系融液晶析の効果も確認しました。 URAI Soichiro is a researcher at Suntory Beverage & Food Ltd. Thermodynamic analysis revealed a new crystal polymorph with low hydration. The effect of multicomponent melt precipitation, including a third component, was also confirmed in order to better realize its implementation in manufacturing.

More...
crop unrecognizable students studying together on grassy meadow

Student’s Voice:(2年生、第1期生)学生の1日

学部二年の後期から化学(工学)コースと物理(工学)コースに分かれて自分の好きな科目についてより専門的に学ぶことが出来ます。さらに三年生になるとエネルギー・環境・新素材の三つについてより専門的に学びたいものを選択できます。Two courses: Chemical Engineering and Applied Physics. Cluster of classes: Energy, Materials, Environment.

More...

微粒子膜の構造の簡易検出法 A simple detection method for structures of particulate films (文責:4年生MI)

「液体浸透時間」法は、微粒子膜(例えば、リチウムイオン電池の電極)の内部構造を評価するための簡便で有用な方法です。”Liquid penetration time” method is a simple and useful method to evaluate the inner structures of particulate films (for example, Li-ion battery electrodes)

More...

「むだ時間」を有する「ぐらつく」プロセスに対して安定化制御. Stabilization control for wobbling process with “dead time” 文責: 2年 M.R.

提案手法は、すでに多くの実際の化学プロセスに適用されており、大幅な効率化を実現しています。The method has already been applied to many actual chemical processes, and it has achieved significant increases in efficiency.

More...

分析物の屈折と吸収を計測可能な磁気プラズモンセンサ(環境計測デバイス)Magneto-plasmonic sensor for measuring refraction & absorption of analytes. 文責: 大学院生N.S.

将来的に分析物の屈折率と吸収係数の両方を検知できる光センサが高感度化されることで、手のひらサイズの光集積回路やIoTセンサの実現が期待される。As optical sensors become more sensitive in the future, handy optical integrated circuits and IoT sensors are expected to be realized.

More...
wheat field

(次世代の燃料)稲わらを最小単位の糖に分解する糖化法 From rice straw to the smallest sugar units (For “green” fuel)

高分子多糖を最小単位の糖に効率的に分解する糖化法を開発した。得られる最小単位の糖はバイオエタノール等のグリーン燃料の原料である。A two-step method to more efficiently break down carbohydrates into their single sugar components, a critical process in producing green fuel.

More...
industry technology computer business

メタセシス反応を用いた反強磁性体の開発(新素材創製)”Unique” antiferromagnetic material via metathesis reaction. 文責: 2年生M.R.

合成された「興味深い」反強磁性体がスピントロニクスにおいて新たな機能材料に望ましいと考えられている。Interesting/unique antiferromagnetic materials are considered to be desirable for new functional materials in spintronics.

More...