宮地研究室の紹介 (2021)

非常に強い光と物質が相互作用するときに現れる物質の多彩な応答を、新たな応用へと結びつけるための研究を行っています。現在、フェムト秒(10^(-15)秒)まで圧縮したレーザー光を使用し、ナノメートルサイズの物質制御手法の開発に挑んでいます。

More...

桜井研究室の紹介(2021)

高効率なマイクロリアクターの設計、操作法の開発等マイクロ化学プロセスに関する研究、化学プロセスへの非定常操作の応用に関する研究、持続可能なエネルギー変換プロセスに関する研究、ウルトラファインバブルの応用に関する研究等に取り組んでいます。

More...

香取研究室の紹介(2021)

自然科学・社会科学の分野で生じる複雑な協力現象の中で最も単純な例が磁性体の秩序形成(相転移)です。磁性体を研究対象とし、スピン・結晶格子・電荷がもつ自由度の絡み合いにより生じる相転移現象の学理の追求と新規相転移現象の探索を目指します。

More...

大橋研究室の紹介(2021)

省エネルギー技術として有望な、機能膜を用いた分離技術の研究を行っています。新しい膜分離技術の開拓や機能膜そのものの開発にとどまらず、膜性能に大きな影響を与える膜中のミクロな分子運動(移動物性・モビリティ)にも着目しています。

More...

滝山研究室の紹介 (2021)

医薬品、食品などで多用されている結晶性物質を生産するための手法、すなわち晶析操作に関する研究開発を行っています。医薬品結晶をより高品質、より高機能にするための製造手法が研究対象です。電池材料の結晶など、エネルギー関連物質も研究対象です。

More...
blue solar panel board

人体に有害な鉛を用いない、安全で安定なペロブスカイト太陽光発電素子 Safe and stable Perovskite-type solar cell without using lead 文責: N.S. (大学院生)

今後、人体に有害な鉛を用いない、安全で安定なペロブスカイト太陽電池の研究開発の促進が期待されます。It is expected that research and development of safe and stable perovskite solar cells that do not use lead, which is harmful to human bodies, will be promoted in the future.

More...

粒子間相互作用力と分散性に対する表面修飾効果 Surface modification of nanoparticles: Interaction forces & dispersibility (文責: 大学院生S.Y.)

表面改質はシランカップリング剤を用いて達成できており、分散性を向上させることができる。Surface modifications were achieved using silane-coupling agents and this can improve the dispersibility.

More...
industry technology computer business

メタセシス反応を用いた反強磁性体の開発(新素材創製)”Unique” antiferromagnetic material via metathesis reaction. 文責: 2年生M.R.

合成された「興味深い」反強磁性体がスピントロニクスにおいて新たな機能材料に望ましいと考えられている。Interesting/unique antiferromagnetic materials are considered to be desirable for new functional materials in spintronics.

More...