池上研究室の大学院生が受賞「上水道システムの運用制御による電力系統」Power system with operational control of water supply system

●再生可能エネルギーが大量導入された将来の電力システムにおいて、昼間の太陽光発電などを有効に活用する仕組みが必要不可欠です。既存の上水道システムの運用方法を改善し、電力消費のタイミングを変更することによって電力システムの需給運用にどれだけ貢献できるかを、解析モデルの改良と分析によって明らかにしました。

More...

堀場雅夫賞(特別賞)分光データを利用した医薬品生産プロセスのモニタリングと制御(金 准教授)Horiba Award: Monitoring/Control of Pharmaceutical Production Process using Spectroscopic Data

ライフサイエンス分野の中でも特に、先端の創薬および製薬に寄与する分光分析・計測技術の研究。開発や生産プロセスの効率化に繋がり、産業応用が可能な技術の研究開発に取り組んでいる。Spectroscopic analysis and measurement technology in the life science field

More...

化学工学会(学生)「優秀賞 」「データ駆動型アプローチによる制御弁の固着検出・診断」Data-Driven Approach to Diagnosing Sticking Control Valves (SCEJ Student Award)

化学プラントの制御弁のトラブルを検出・診断する新しい手法を提案しました. A new method was proposed to detect and diagnose the problem of control valves (in chemical plants)

More...

日本エアロゾル学会「高橋幹二賞」Takahashi Award (Aerosol Science & Technology)

サイズ0.1~1.0 μm 粒子の沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。大気圧下での(0.1~1.0 μm)粒子沈着と観察分析が可能なため、応用分野も広いと考えられる。The method presented here may potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate (i.e. air-liquid interface) without the need for vacuum imaging analysis (e.g. electron microscopy).

More...