堀場雅夫賞(特別賞)分光データを利用した医薬品生産プロセスのモニタリングと制御(金 准教授)Horiba Award: Monitoring/Control of Pharmaceutical Production Process using Spectroscopic Data

ライフサイエンス分野の中でも特に、先端の創薬および製薬に寄与する分光分析・計測技術の研究。開発や生産プロセスの効率化に繋がり、産業応用が可能な技術の研究開発に取り組んでいる。Spectroscopic analysis and measurement technology in the life science field

More...

日本エアロゾル学会「高橋幹二賞」Takahashi Award (Aerosol Science & Technology)

サイズ0.1~1.0 μm 粒子の沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。大気圧下での(0.1~1.0 μm)粒子沈着と観察分析が可能なため、応用分野も広いと考えられる。The method presented here may potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate (i.e. air-liquid interface) without the need for vacuum imaging analysis (e.g. electron microscopy).

More...