研究室の紹介 Introduction to research groups

  • 化学物理工学科の教員 >> List of Professors
  • 2022年10月:「量子材料 & デバイス」研究室が立ち上がります。>> News
  • 2021年3月:鮫島 俊之教授は定年退職されます。>> Sameshima Lab ex. website
  • 2021年3月:金 (Kim) 研究室が立ち上がりました。>>”PSE” Lab
  • 2019年4月:利谷 (Riya) 研究室が立ち上がりました。

研究室を紹介します。

山下 善之 研究室

化学産業のスマート化と超スマート社会の実現に向けて、化学工学の知識と人工知能や最適化、シミュレーションの手法を駆使して、化学プラントの運転・制御を中心に、高品質な製品を高効率かつ安全に生産するための方法について研究しています。In order to make the chemical industry smarter and realize a super-smart society, we are studying methods to produce high-quality products efficiently and safely, focusing on the operation and control of chemical plants, by making effective use of chemical engineering knowledge and artificial intelligence, optimization, and simulation methods. >>   山下 善之 研究室 Yamashita Lab


滝山 博志 研究室

医薬品、食品などで多用されている結晶性物質を生産するための手法、すなわち晶析操作に関する研究開発を行っています。医薬品結晶をより高品質、より高機能にするための製造手法が研究対象です。電池材料の結晶など、エネルギー関連物質も研究対象です。We are conducting research and development on methods for producing crystalline materials, which are widely used in pharmaceuticals and foods, namely crystallization operations. Our research focuses on manufacturing methods to improve the quality and function of pharmaceutical crystals. Energy-related materials such as crystals of battery materials are also subject to study. >>  滝山 博志 研究室 Takiyama Lab | Professor Interview


香取 浩子 研究室 | Interview

自然科学・社会科学の分野で生じる複雑な協力現象の中で最も単純な例が磁性体の秩序形成(相転移)です。磁性体を研究対象とし、スピン・結晶格子・電荷がもつ自由度の絡み合いにより生じる相転移現象の学理の追求と新規相転移現象の探索を目指します。The simplest example of complex cooperative phenomena occurring in the fields of natural and social sciences is the ordering (phase transition) of magnetic materials. With magnetic materials as research subjects, we aim to pursue the theory of phase transition phenomena caused by the entanglement of spins, crystal lattices, and electric charges, and to search for new phase transition phenomena. >>  香取 浩子 研究室 Katori Lab | Professor Interview


箕田 弘喜 研究室

生体高分子をはじめ様々なナノスケール材料が、ガス雰囲気下や溶液中などの実環境下で発現する機能と構造との関係を明らかにします。そのために、実環境でのナノ構造の高精度観察を可能にする電子顕微鏡装置や電子顕微鏡法の開発を行います。The relationship between the functions and structures of various nanoscale materials such as biopolymers, which are expressed in real environments such as gas atmosphere(dry) and liquid, will be clarified. We are developing electron microscope equipment and methods that enable high-precision observation of nanostructures in real environments. >>  箕田 弘喜 研究室 Minoda Lab.

 

神谷 秀博 研究室

数nm~数μm程度の大きさの微粒子の構造や表面状態、微粒子間相互作用を実験と計算シミュレーションを用いて求め、微粒子の凝集、力や熱による粒子集合体の再配列、焼結現象等 を基礎的に解明しています。The structure and surface state of particles of several nm to several μm in size and the interaction between particles are determined using experiments and calculation simulations. The aggregation of particles, the rearrangement of particle assemblies by force and heat, and the sintering phenomena are basically clarified. >> 神谷 秀博 研究室 Kamiya Lab (2023年度より大学院生(博士課程前期)を受け入れません)(Beginning in the 2023 academic year, Kamiya Lab will no longer accept master-course graduate students)


銭 衛華 研究室

循環型資源であるバイオマスからのバイオ燃料油やバイオマテリアルの製造や触媒を用いた化石燃料や植物油からのクリーン炭化水素の製造で環境に調和するクリーンエネルギー・マテリアルの変換技術に関する研究を取り込んでいます。We are involved in research on conversion technologies for environmentally friendly clean energy materials in the production of biofuel oil and biomaterials from biomass, a recyclable resource, and the production of clean hydrocarbons from fossil fuels and vegetable oils using catalysts. >> 銭 衛華 研究室 Qian Lab.


秋澤 淳 研究室 | Interview

エネルギーを合理的に使うことによる省エネルギーを目指し、排熱から空調用冷熱を発生する熱駆動冷凍機の高性能化、太陽エネルギーの集光・集熱デバイスを研究しています。また、電力と熱を同時に供給するコージェネレーションを中心とした地域分散型システムシステムの省エネ性の評価を行っています。Aiming to save energy through the rational use of energy, we are studying the enhancement of the performance of heat-driven refrigerators that generate cold heat for air conditioning from waste heat and solar energy condensing and heat collecting devices. We are also evaluating the energy efficiency of regional distributed system systems, mainly cogeneration systems that supply electricity and heat simultaneously. >> 秋澤 淳 研究室 Akisawa Lab | Professor Interview


寺田 昭彦 研究室

地球環境に存在する様々な微生物の生き様を正しく理解し、環境浄化にとって有用な種類の探索・獲得を行います。獲得された有用微生物を制御することにより、省エネ型水処理、排水中に含まれる資源回収、温室効果ガス排出削減に向けた技術開発を行います。We are engaged in the investigation and acquisition of useful species for environmental remediation by accurately understanding the living conditions of various microorganisms in the global environment. By controlling the acquired useful microorganisms, we develop technologies for energy-saving water treatment, recovery of resources contained in wastewater, and reduction of greenhouse gas emissions. >> 寺田 昭彦 研究室 Terada Lab

 


桜井 誠 研究室

高効率なマイクロリアクターの設計、操作法の開発等マイクロ化学プロセスに関する研究、化学プロセスへの非定常操作の応用に関する研究、持続可能なエネルギー変換プロセスに関する研究、ウルトラファインバブルの応用に関する研究等に取り組んでいます。We are engaged in studies on microchemical processes such as the design of highly efficient microreactors and the development of operating methods, the application of unsteady operations to chemical processes, sustainable energy conversion processes, and the application of ultrafine bubbles. >> 桜井 誠 研究室 Sakurai Lab


徳山 英昭 研究室

機能性高分子ゲル材料の開発と材料の製造プロセスおよび材料を利用する工業・環境・エネルギー・医薬プロセスに関する研究。具体的には、吸着分離材、触媒担体、薬物徐放材料などを開発し、それに関連して微粒子や多孔質など構造制御技術も確立します。Study on the development of functional polymer gel materials, manufacturing process of materials, and industrial, environmental, energy, and pharmaceutical processes using materials. Specifically, we are developing adsorptive separation materials, catalyst carriers, drug sustained release materials, etc., and also establishing structural control technologies such as fine particles and porous materials. >> 徳山 英昭 研究室 Tokuyama Lab


長津 雄一郎 研究室 | Interview

化学反応による液体界面の流動制御の学理の構築を目指した基礎研究と、その特に環境エネルギー分野への貢献を目指した応用研究(具体的には新規な石油の増進回収プロセスの創出を目指した研究)に取り組んでいます。We are engaged in basic research aimed at establishing the theory of flow control at liquid interfaces through chemical reactions, and applied science aimed at contributing to the field of environmental energy (specifically, the creation of a new enhanced oil recovery process). >> 長津 雄一郎 研究室 Nagatsu Lab | Professor Interview


伏見 千尋 研究室

今後の私たちにとって持続可能な社会実現のために、化石燃料利用の徹底した高効率化と再生可能エネルギーの大幅な利用拡大を図ることが必要不可欠です。関連した課題について、実験とプロセス設計の両方の研究をしています。In order to realize a sustainable society in the future, it is essential for us to thoroughly improve the efficiency of fossil fuel use and to drastically expand the use of renewable energy. We are doing both experimental and process design research on these related issues. >> 伏見 千尋 研究室 Fushimi Lab


森下 義隆 研究室

我々の研究室では、蜂の巣状の孔を空けた透明な金属酸化膜に透明な導電材料を埋め込んだ新たな構造を作製し、透明な次世代不揮発性メモリー(ReRAM)への応用を図ることを目的としています。We have created a new structure in which transparent conductive materials are embedded in a transparent metal oxide film with honeycomb-like holes, and we intend to apply it to the next generation transparent nonvolatile memory (ReRAM). >> 森下 義隆 研究室 Morishita Lab2023年度より大学院生(博士課程前期)を受け入れません)(Beginning in the 2023 academic year, Morishita lab will no longer accept graduate students)


室尾 和之 研究室

光は「粒子」の性質と「波動」の性質を兼ねそなえた「量子」として振る舞いますが、量子コンピューターや量子テレポーテーションなどにつながる、古典的な波としての限界を越えた光の性質についての光についての研究を行っています。Light behaves as a “quantum” that combines the properties of a “particle” and the properties of a “wave.” We are conducting research on light properties beyond the limits of classical waves, which lead to quantum computers and quantum teleportation. >> 室尾 和之 研究室 Muroo Lab


畠山 温 研究室 | Interview

スピン偏極した気体原子と光,原子,固体表面との相互作用を研究しています。物理の基盤研究としての重要性や面白さとともに,原子を使った精密計測,量子計測の応用研究として電気工学,表面化学,材料科学と関係しながら発展する楽しみがあります。We study the interaction of spin polarized gas atoms with light, atoms, and solid surfaces. In addition to its importance and interest as a fundamental study of physics, there is also the joy of development in relation to electrical engineering, surface chemistry, and materials science as applied research of precise measurement using atoms and quantum measurement. >> 畠山 温 研究室 Hatakeyama Lab | Professor Interview


清水 大雅 研究室 | Interview

鉄などの強磁性体(磁石)の磁気的性質と半導体(シリコン等)の光学的性質に着目し、これらを組み合わせた材料開発、新しい光情報信号処理回路、超高感度バイオセンサ・ガスセンサを実現する基盤技術と小型汎用化を目指す応用研究を行っています。Focusing on the magnetic properties of ferromagnets (magnets) such as iron and the optical properties of semiconductors (silicon, etc.), we are developing materials that combine them, developing new optical information signal processing circuits, basic technologies for realizing ultra-high sensitivity biosensors and gas sensors, and conducting applied research aimed at miniaturization and generalization. >> 清水 大雅 研究室 Shimizu Lab | Professor Interview


 

大橋 秀伯 研究室

省エネルギー技術として有望な、機能膜を用いた分離技術の研究を行っています。新しい膜分離技術の開拓や機能膜そのものの開発にとどまらず、膜性能に大きな影響を与える膜中のミクロな分子運動(移動物性・モビリティ)にも着目しています。We are conducting studies on separation technology using functional membranes, which is a promising energy saving technology. In addition to developing new membrane separation technologies and functional membranes themselves, we are also focusing on microscopic molecular motions (mobility properties) in membranes that have a significant impact on membrane performance. >> 大橋 秀伯 研究室 Ohashi Lab


 

宮地 悟代 研究室

非常に強い光と物質が相互作用するときに現れる物質の多彩な応答を、新たな応用へと結びつけるための研究を行っています。現在、フェムト秒(10^(-15)秒)まで圧縮したレーザー光を使用し、ナノメートルサイズの物質制御手法の開発に挑んでいます。We are conducting studies to link various responses of materials that appear when very strong light interacts with the materials to new applications. We are currently developing nanometer-sized material control methods using laser light compressed to femtoseconds (10 ^ (-15) seconds). >> 宮地 悟代 研究室 Miyaji Lab.


 

嘉治 寿彦 研究室

有機材料を中心とした新規半導体材料の電子物性・光物性に関する実験的研究をしています。特に有機材料や有機・無機ハイブリッド材料を半導体に用いた電子素子や太陽電池の研究と、そのための薄膜成長や結晶性、ナノ構造の制御の研究を行っています。We are conducting experimental research on the electronic and optical properties of new semiconductor materials, mainly organic materials. In particular, we are conducting research on electronic devices and solar cells using organic materials and organic / inorganic hybrid materials for semiconductors, as well as the control of thin film growth, crystallinity, and nanostructures.>> 嘉治 寿彦 研究室 Kaji Lab.


レンゴロ研究室 | Interview

化学プロセス工学、微粒子・エアロゾル工学、物質・流体・熱の移動現象論およびバイオシステムの異分野横断研究を推進し、循環型フードシステムや生態系保護に貢献します。他分野と連携しながら「ミクロ」から地球環境を含む「マクロ」な物質・エネルギー移動まで考えます。We promote cross-disciplinary studies in chemical process engineering, particulate/aerosol technology, transport phenomena (fluid/mass/heat), and bio-systems, and contribute to the sustainable food system and ecosystem protection. Working with other fields, we consider material/energy transfers from “micro” to “macro”, including the global environment. >> Wuled Lenggoro Lab | Professor Interview


稲澤 晋 研究室

気相反応を用いてナノメートルからセンチメートルの幅で大きさの異なるシリコンを効率的に作る方法を研究しています。また、分散液を塗布乾燥して薄膜が生成するメカニズムの研究もしています。世の中に不可欠な材料や手法を開発し、社会に貢献します。We are conducting research on an efficient method to produce silicon with different sizes ranging from nanometers to centimeters using gas-phase reactions. We are also studying the mechanism by which thin films are formed by coating and drying dispersions. We are committed to contributing to the community through the development of materials and methods that are indispensable to the world. >> 稲澤 晋 研究室 Inasawa Lab.


池上 貴志 研究室

再生可能エネルギーを大規模に導入するための課題を解決するため、システム解析の手法を駆使して様々な規模のエネルギーシステムをモデル化し、シミュレーションによってエネルギーシステムの設計や技術・仕組みの導入効果の評価を行っています。To solve the problems of introducing renewable energy on a large scale, we use system analysis methods to model energy systems of various scales, and evaluate the effects of energy system design and introduction of technologies and mechanisms by simulation. >> 池上 貴志 研究室 Ikegami Lab


 

利谷 翔平 研究室

廃棄物をメタン発酵や炭化などによりエネルギ―や肥料へと変換する技術の開発や、肥料を施肥した土壌における水質や温室効果ガスの生成機構の解明・制御の研究を通じて、環境にやさしい廃棄物の資源循環に貢献します。We are committed to contributing to the recycling of environmentally friendly waste resources through the development of technologies to convert waste into energy and fertilizer through methane fermentation and carbonization, and through research to elucidate and control the water quality and greenhouse gas generation mechanism in fertilized soil. >> 利谷 翔平 研究室 Riya Lab.


金 尚弘 研究室(2021)

プロセスのモデリング・設計・監視・制御・最適化を合理的に行う手法の開発と応用を行なっています.特に製造データに基づくモデリングを基盤技術としています。We are developing and applying methods to rationalize process modeling, design, monitoring, control and optimization. Our core technology is modeling based on manufacturing data. >> 金 尚弘 研究室 Kim Lab.


B Lab (2022 Oct.)

Sustainable Quantum Nanomaterials & Devices

量子材料とデバイスに関する研究教育を行います。デバイスの例として、環境にやさしいエネルギー蓄積技術であるスーパーキャパシタや熱電変換素子などが挙げられます。物理学(光物理学、固体物性)と化学(表面化学、電気化学)と電気電子工学(電子輸送、デバイス物理)を組み合わせた学際領域になります。Focus on quantum materials and the related “energy” devices. Examples of devices are Supercapacitors, Thermoelectrics, etc. Interdisciplinary = Physics + Chemistry + Electronics. 

事例:誘電体を有する固体ゲート「電界効果トランジスタ」A structure of the prepared Field Effect Transistor (FET)


Tours: Ikegami Lab, Kaji Lab, Ohashi Lab, Terada-Riya Lab, Qian Lab, Shimizu Lab,

東京農工大学工学部 化学物理工学科ラボツアー(2020年8月)