秋澤研究室の紹介(2021)

エネルギーを合理的に使うことによる省エネルギーを目指し、排熱から空調用冷熱を発生する熱駆動冷凍機の高性能化、太陽エネルギーの集光・集熱デバイスを研究しています。また、電力と熱を同時に供給するコージェネレーションを中心とした地域分散型システムシステムの省エネ性の評価を行っています。

More...
blue solar panel board

人体に有害な鉛を用いない、安全で安定なペロブスカイト太陽光発電素子 Safe and stable Perovskite-type solar cell without using lead 文責: N.S. (大学院生)

今後、人体に有害な鉛を用いない、安全で安定なペロブスカイト太陽電池の研究開発の促進が期待されます。It is expected that research and development of safe and stable perovskite solar cells that do not use lead, which is harmful to human bodies, will be promoted in the future.

More...
air air pollution climate change dawn

(発電所の安定な稼働に向けて)高温場における灰粒子のせん断強度測定 Measurement of the Shear Strength of Fly Ash Powder Beds (for Stable Power Supply)

高温場における灰粒子の付着・堆積機構が解き明かされ、燃焼プラントの長期的な稼働に貢献する。Measurement of the tensile and shear strength of powder layers is expected to reveal the adhesion and deposition mechanisms of ash particles at high temperatures and contribute to the long-term operation of combustion plants.

More...
white wind turbines on gray sand near body of water

風力発電における「地理的平滑化効果」の評価 Wind power: Evaluation of “Geographic Smoothing Effect” 文責: 大学院生N.S.

東北と九州の電力の監視制御・データ取得システムに記録されている風力発電データを基に「地理的な平滑化効果」について定量的に評価を行った。The “geographic smoothing effect” was quantitatively evaluated based on the wind power generation data recorded in the monitoring, control and data acquisition systems of Tohoku Electric Power Co., Inc. and Kyushu Electric Power Company.

More...

(燃料電池向け)プロトン供与体は複数の水素結合を介して間接的に相互作用する Proton donors indirectly interact with each other through several hydrogen-bonds (for Fuel Cells) 文責:大学院生N.S.

燃料電池材料の開発、タンパク質内の水素イオン経路の酸塩基配置を解明する可能性がある。For development of the fuel cell materials and the possibility of elucidating the acid-base configuration of the hydrogen ion pathway in proteins.

More...