先端化学物理工学概論 オンライン講義の一部を公開 Some of the online lectures.

「高分子ゲルの作製、構造制御、機能化と反

More...

化学物理工学科の紹介動画です。An introduction to the Department.

化学物理工学科では9月20日(日)のWE

More...

教員と学生による学科の魅力紹介 Conversation about the Department

東京農工大学工学部化学物理工学科の魅力を

More...

日本エアロゾル学会「高橋幹二賞」Takahashi Award.

沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。大気圧下での沈着と観察分析が可能なため、応用分野も広いと考えられる。The method presented here may potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate (i.e. air-liquid interface) without the need for vacuum imaging analysis (e.g. electron microscopy).

More...

1年次に研究室で活動を体験した学生 1st year student who experienced the activity in a lab

1年次に研究室で活動(ラボローテーション

More...