高校3年生(化学物理工学科1年生)単著論文が日本エネルギー学会誌に掲載(高い出力の燃焼エンジンを提案)A report (by a high-school student; now 1st year) on high power combustion engine.

高効率・出力外燃機関の開発とバイオマス発電システムへの応用の提唱 (石川 諒)世田谷学園高等学校 (2019年現在:東京農工大学・化学物理工学科)

Development of High Efficiency/Output External Combustion Engine and Advocation of Application to Biomass Power Generation System (Ryo Ishikawa, Setagaya Gakuen High School, Present address: Tokyo University of Agriculture and Technology, Department of Applied Physics and Chemical Engineering)

https://doi.org/10.3775/jie.98.259 (Open Access) 日本エネルギー学会誌 2019 年 98 巻 10 号 p. 259-264 Journal of the Japan Institute of Energy , 98, 259-264 (2019)

本研究では高効率であるスターリングエンジンを元に,作動流体に蒸気を利用すれば高出力を達成できるシステムを提案した。このエンジンを,バイオマス を燃料として稼働させた場合の効率について計算を行った。冷却にさえ注意すれば効率よくバイオマスを利用して発電が可能 であり,尚かつ実用的なレベルであるということが分かった。A new mechanism to achieve high power generation by using a Stirling engine with steam as a working fluid was proposed. When using biomass fuel to operate the Stirling engine, the system should be constructed in the “cooling water” area (rivers, etc.) where its performance is expected to be developed to a practical level.