体験教室、6月8日(土)

高校生・高専生・受験生の皆様に

2019年度 東京農工大学 工学部 化学物理工学科 主催

6月の体験教室

化学と物理の総合的理解で挑むエネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発

日時:201968() 14:30-17:30

場所:東京農工大学工学部(小金井キャンパス)

13号館 3階 L1321教室


電子メールまたはFAXにて2019年530日(木)までにお申し込みください(詳細は下記)

対象: ・大学受験を考えている高校生のみなさん(学年は問いません)

・大学編入を考えている高専生のみなさん(学年は問いません)

・化学物理工学科に興味をお持ちの高校の先生方


第1部 学科の紹介と授業体験

14:30-14:55 「化学物理工学科」をやさしく紹介します(学科長)

14:55-15:00 学科入試情報・推薦入試情報(編入・特別入試委員)

15:10-15:40 清水大雅 准教授光を使ったセンサデバイス


第2部 研究室体験16:00-17:30

以下の研究室の中から1研究室を希望し、そこで教員や大学院生の指導のもと研究や実験を体験できます

実験1    海の水は雲のタネ:微粒子の数千キロの旅   Lenggoro(レンゴロ)研究室

実験2    塩なのに液体!? ~不思議なイオン液体~     銭研究室

実験3    粒子を水のように流動化してみよう            伏見研究室

実験4    オゾン水の効果を見てみよう         桜井研究室

実験5    材料ナノテクノロジーの世界を覗いてみると            神谷研究室

実験6    DNA技術で生物鑑定をしてみよう              寺田・利谷研究室

実験7    ゲルを造ってみよう          徳山研究室

実験8    水と油でエマルションを作ってみよう         稲澤研究室

実験9    工場萌え!バーチャル化学工場のオペレータになってみよう         山下研究室

実験10  熱を汲み上げるヒートポンプの仕組みを知ろう        秋澤研究室

実験11  金属の表面に光を集める~オンチップセンサ            清水研究室

実験12  煙の正体を電子顕微鏡で見てみよう            箕田研究室

実験13  光のエネルギーを測定しよう~太陽光と人工照明~    嘉治研究室

実験14  マイクロ波を見てみよう  鮫島研究室

実験15  人力発電でエネルギーとパワーを体験しよう            池上研究室


【申込方法】 参加の申込は下記連絡先の電子メールまたはFAXでお願い致します。申込いただいた方には、受領のメールもしくはファックスをお送りいたします。返事が来ない場合は、お問い合わせください。申込に際しては以下のことをお教えください(頂いた個人情報は学科広報活動以外には使用いたしません)。

① 氏名(ふりがな もつけてください)② 学校名と学年 ③ 連絡先電話番号またはe-mail

④「6月の体験教室」と「7月の実験教室」のどちらへの参加申込か(両方への応募も可)

⑤ 体験教室と実験教室で希望する研究室(第1、第2、第3希望を書いてください)

⑥「7 月の実験教室」に応募される方で、SAIL 入試の受験を予定、もしくは、検討している方は、必 ずその旨を記載してください。

*応募人数によっては、希望以外の実験テーマになることもあります。ご了承ください

連絡先:東京農工大学 工学部 化学物理工学科 事務室

TEL : 042-388-7071(直通)   FAX : 042-388-7693 電子メール:cmci@cc.tuat.ac.jp


化学物理工学科(2019年度開設の新学科)の紹介

化学と物理をベースに持続可能な社会を実現する技術者の養成

【教育目標】 エネルギー・環境等の地球規模の課題を解決し、新産業を創出する課題解決力を身につけるには、化学と物理の総合的理解が必要です。本学科では、総合的理解が必要な課題、例えば「新素材を用いた高効率・低環境負荷のエネルギー変換デバイスの開発」など、社会的ニーズが高い課題に挑戦する高度グローバルエンジニアを育成します。

【学科の特徴】 1年次には数学、化学、物理などの基礎科目を中心に学びます。2年次後期からは「化学工学」と「物理工学」の2コースに分かれ、専門科目を学びアイデンティティを確立します。「エネルギー」「新素材」「環境」の3つの科目群が用意され、プロジェクト演習、研究室配属により課題解決力を身につけダイバシティを養います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です