Home-Coming Day (11/13)揮発性有機化合物を検出するセンサの開発と食エネ分野への応用 Development of a Sensor to Detect Volatile Organic Compounds in “Energy & Food” Fields 

Home-Coming-Day ホームカミングデーとは、本学を卒業・修了された同窓生の方々を対象に、懐かしの母校の最新状況を知って頂くイベントです。

2022年度の詳細はこちらです:https://www.tuat.ac.jp/outline/disclosure/hcd/2022_02.html

小金井キャンパス 2022年11月13日(日) 13:00受付開始

14:20~14:50 教員による講演

■講演者:工学研究院電気電子部門/工学部化学物理工学科 清水 大雅 教授

■揮発性有機化合物を検出するセンサの開発と食エネ分野への応用 Development of a Sensor to Detect Volatile Organic Compounds and Its Application to the Field of Energy and Food

■匂いの基になる揮発性有機化合物をリアルタイムで高感度検出するセンサの開発についてお話します。センサ開発を行うようになったきっかけ、試行錯誤の過程、評価の様子、学生の取り組みについて紹介します。センサ開発には多くの分野の知見が必要で、これまでの研究活動やエピソードについてもお話します。「ウィズ・ポストコロナ」社会において、生活の基盤となる食糧・エネルギーの安定確保が緊急の課題となっており、センサ開発という工学分野の研究を、農学分野へ応用する研究について紹介します。

This lecture will discuss the development of sensors that can detect volatile organic compounds, which are the basis of odors, with high sensitivity in real time. This section introduces the motivation for sensor development, the process of trial and error, the process of evaluation, and the efforts of students. Sensor development requires knowledge from many fields, and the research activities and episodes so far will be discussed. In a “with post-corona” society, securing a stable supply of food and energy, which are the foundation of daily life, has become an urgent issue. In this lecture, the application of the engineering field of sensor development to the agricultural field is introduced.