非平衡熱力学を駆使した流動界面の効果的な制御法を発見 Discovered: An effective control method of the flow interface utilizing nonequilibrium thermodynamics.

化学種濃度を平衡状態の濃度との差で規格化した非平衡度により液液相分離を伴う流動界面を効果的にコントロールできることを初めて発見しました。It was discovered for the first time that the flow interface with liquid-liquid phase separation can be effectively controlled by the non-equilibrium degree, in which the chemical species concentration is normalized by the difference from the equilibrium concentration.

More...

2020年度 日本流体力学会 論文賞 Japan Society of Fluid Mechanics: Paper Award 2020: 7年ぶりの贈賞

過去10年以内に査読のある雑誌に発表された流体力学に関する独創的な論文で、これが流体力学の進歩発展に顕著な貢献をなしたと認められる論文の著者に授与される。Awarded to the author of a seminal paper on fluid dynamics published in a peer-reviewed journal within the past 10 years that is recognized as having made a significant contribution to the advancement and development of fluid dynamics.

More...

【研究室紹介】医薬品や食品等の結晶性物質を生産する手法 (Lab Intro.) Technology for the production of crystalline materials for pharmaceuticals, food, etc.

医薬品、食品などで多用されている結晶性物質を生産するための手法、すなわち晶析操作に関する研究開発を行っています。医薬品結晶をより高品質、より高機能にするための製造手法が研究対象です。電池材料の結晶など、エネルギー関連物質も研究対象です。

More...

化学工学会(粒子流体プロセス部会)フロンティア賞 Frontier Award (Particle and Fluid Process) Society of Chemical Engineers, Japan.

本研究では、ある水性二相系を用い、常温常圧で、部分混和系を実現し、部分混和性が、その流動界面を変形させる能力があることを発見した。A partial miscibility system was realized using an aqueous two-phase system at room temperature and atmospheric pressure, and it was found that the partial miscibility has the ability to deform its flowing interface.

More...

化学工学会(学生)「優秀賞 」「データ駆動型アプローチによる制御弁の固着検出・診断」Data-Driven Approach to Diagnosing Sticking Control Valves (SCEJ Student Award)

化学プラントの制御弁のトラブルを検出・診断する新しい手法を提案しました. A new method was proposed to detect and diagnose the problem of control valves (in chemical plants)

More...
air air pollution climate change dawn

(発電所の安定な稼働に向けて)高温場における灰粒子のせん断強度測定 Measurement of the Shear Strength of Fly Ash Powder Beds (for Stable Power Supply)

高温場における灰粒子の付着・堆積機構が解き明かされ、燃焼プラントの長期的な稼働に貢献する。Measurement of the tensile and shear strength of powder layers is expected to reveal the adhesion and deposition mechanisms of ash particles at high temperatures and contribute to the long-term operation of combustion plants.

More...